研究開発

マイクロスフィア

マイクロスフィア スクリーニング法は、上田研究グループで開発された、環境微生物中から特にガス成分を産生する能力の高い微生物を選択的に分離精製する新技術です。 微生物の分離はこれまで、薬剤耐性や栄養依存性などにより不要な微

マイクロリアクタ

マイクロリアクタとは、化学・生化学反応を行う反応系の空間スケールがマイクロメートル程度の大きさであるような反応装置の総称であり、その中で使われる物質輸送経路をマイクロ流路と呼ぶことがあります。マイクロリアクタにはさまざま

人工臓器スキャホルド

編集中です。しばらくお待ちください。

生体分子シミュレーション

かつて高分子は気体にならないと信じられた時代がありました。今では先のノーベル賞で話題になったように、生体高分子のほとんどが特殊な物理化学的処理を経て気体化され、精密な質量や分子の衝突断面積などを計測する技術が利用されるよ

人工細胞

脂質分子は両親媒性化合物と総称される分子群のひとつで、水溶液中では疎水性部分が集合して、膜、ミセル、ベシクルなどの分子集合体を形成します。環境に応じて自発的に特異な集合体を形成することから、細胞の生体膜からナノ微粒子の形

電気化学イメージング

顕微鏡を用いるイメージングの多くは光学的な原理に基づくものですが、電子線を用いる電子顕微鏡が電子の波動性を利用して光学顕微鏡と同様のイメージングを実現していることはよく知られています。近年発展しているトンネル顕微鏡は平面

コメントを残す